*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思いがけない出会い

今夏の猛暑に

クーラーをがんがんフル回転させ

暑さで茹で上がった頭と体を

行水さながらの水シャワーで冷やし

そうしていても、しばらくするとまた汗、汗。

水分だ、塩分だとお茶、ポカリ、氷、塩飴

さらにお腹が~と私の心配をよそに

毎晩ビールの晩酌が続き、空き缶であふれた

あらゆる思いつくもので、何とか乗り切る事ができた

まるで戦争みたいな夏だったな~




と、過ぎ去ったあの猛暑を思い起こしている今日この頃

お久しぶりのブログアップに新鮮な気持ちで

PCに向かっていま~す(笑)



昨日は午後になってから金沢へお出かけ

息子が21世紀美術館へ行くというので

のこのこ後を追いかけて行った熟年夫婦

「じゃね!」とつれなく置いてけぼりになってしまい


仕方がないので、若者で溢れかえる21美を後にして

周辺を散策することにした

P1020447.jpg 

あら、何かしら?

まだまだあるわ!

P1020448.jpg 
P1020445.jpg 



夜になると


P1020456.jpg 
P1020453.jpg 
P1020461.jpg 
P1020450.jpg 
P1020465.jpg 
P1020469.jpg 

綺麗な灯りの演出に感動!!


P1020449.jpg 

この日の誕生日と重なって

思いがけない出会いのプレゼントをいただきました!

いくつになっても Happy Birthday!! 



スポンサーサイト
誘われてinセミナー

P1020282.jpg 

 

今年になって初めての講演会に行ってきました。

題して「地域元気セミナーin七尾」

地域活性化をテーマに、成功事例を紹介しながら

七尾への提案を交えた内容の講演でした。

 

会場にはたくさんの人、人

主催者の方が

配っていたお茶が足りなくなってと

嬉しい悲鳴でした!

 

 

質疑応答では

積極的に熱弁をふるい、直接市長さんに

お願いする場面も

 

 

七尾が元気になることは

誰もが望むところ

 

 

何に向かって行けば

最善なのでしょうか

 

 

隣のおじさんの気持ちよさそうな

寝息が聞こえる中で・・・・・

 

 

 

 

考えていたのでした

 

 

錦秋

10月最後の日に、それもお昼になってから

突然、「紅葉を観に行こう!」と白山スーパー林道を目指した。

P1020118.jpg 

拡大 

が、運転者におまかせしていると

着いたのは、世界遺産の白川郷・飛騨五箇山合掌造りの集落

この地は日本有数の豪雪地帯で周辺道路の整備が遅れたことで

独特の文化が奇跡的に残ることにつながったとか

16世紀後半に建てられた建築物が

周りの山々の赤や黄が織りなす色に溶け込んで別世界!

たくさんの観光客がいるにもかかわらず

生活の場でもある為、みんな静かに楽しんでいる

P1020119.jpg 

P1020128.jpg 

P1020126.jpg 

P1020121.jpg 

P1020123.jpg 

手を合わせて合掌しているような様から

合掌造りと言われる。

 

秋と世界遺産を満喫し、帰路につく

が、まだ時間も早いしとさらに進む運転者。

どうも気分がいいらしい。

P1020117.jpg

 

で、到着した場所はなんと高山市内

行き当たりばったりで宿を決め、夜の市内をてくてく歩くこと1時間半

お腹すいちゃったよ~~~

と見つけたこちらのお店「和菜蔵(わさいぐら) 椿屋」さん

P1020140.jpg 

暖簾をくぐると、香が漂い疲れた気持ちを癒してくれる

これは期待大のお店かも?と私の勘が働く

 どのメニューにも素敵な秋のあしらいがしてあり

目で楽しめるし、お味もばっちり決まっていて

「こちらのお店にして良かったね。」と珍しく意見が合う

P1020132.jpg P1020135.jpg 
P1020139.jpg P1020138.jpg 

「いいお店ですね449」酔った勢いで店員さんに言っている運転者

今までこんな事は言ったことが無いのに、よっぽど気にいったんだ(良かった。。)

帰りは店長さん含め3人の方が見送りに出て

最後まで気配りのある丁寧なお店でした。

 

P1020142.jpg P1020143.jpg 

多くの観光客が夜の街を楽しんでいて、外国の人がものすごく多い451

街の雰囲気もいいので、またその勢いでショットバーへ行った

ハローウィンで飾り付けられた暗いめの店内には487

カップルや女性同士が会話を楽しんでいて

ひとりでお酒を楽しむ男性も数人いた

 

いつもなら途中で口出しして、家に帰ることを優先していただろうに

今日は運転者まかせでこんな遠いところまで連れて来てもらった

予定も立てず、若い世代でもあるまいしと、ちょっと可笑しくなった

おかげで不安と冒険心いっぱいの小旅行になった

 

次の朝は8時に宿を後にして(格安なのに朝食付・・・ありがたい)

美味しいモーニングコーヒーを求めて街中へ

昨夜は解らなかったが、どこも秋色

 P1020144.jpg

P1020150.jpg

P1020149.jpg

温かくて、コクのあるコーヒーに目がシャキ!

さぁ~帰るぞ~~~!(運転者)

一気に現実だ。。。。 (私)

でも何とかなって、心に残る秋の1日になったね266

 

全ての人をHAPPYに

<script type="text/javascript" src="http://www.mamma-mia-movie.jp/blogparts/base.js"></script>

 

 サイトのホームページにアクセスをクリックしてみてください420

元気をもらって

P1010623.jpg 

今日は能登演劇堂で上演された劇団四季のミュージカルに出掛けた

躍動感あふれる舞台に子供も大人も年齢を超えて

元気になれる舞台だった

「観終わった時皆さんの心には、明るく生きていこうという思いがあふれてくるでしょう。」

の通り、アンコールの拍手は観客の気持ちがひとつにまとまっていくように

だんだん大きくなり、アンコールの大合唱にそれは現れているような感動を覚えた

 

こんな経験は初めてだった

コンサートでのアンコールはなくてはならないもの

あっても何ら不思議ではない

 

今回は20数名のキャストの皆さんが客席まで降りて

握手をしながらのエンディングの後でのアンコール

一度降りた幕がもう一度上がるの?と大きくなる拍手の中で

期待が高まっていた(おそらく会場のみんながそう思っていた)

 

P1010617.jpg P1010618.jpg

幕は上がらなかったが、なんと!

出口でオールキャストが観客の皆さんを待っていてくれた

予想だにしない展開に、最後まで気持ちの触れ合う瞬間だった

 

最高!劇団四季、さすが!

その気持ちは十分伝わったわ

遠い能登の地へようこそ、ようこそ!

 

感動覚めやらぬ間に家路に着いた途端

携帯が鳴る

「お母さん、お米送ってほしいんやけど」

 

「OK!] 

返事も軽やかなわこでした(笑)

 

プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。