*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然の告白

P1020302.jpg 

 

P1020303.jpg

穏やかな能登七尾西湾の風景です。

 

慌ただしく過ぎていく日々の中で

静まり返る波ひとつない海原を見て

すーっと気持ちが洗われました。

 

海を見た瞬間、ぽろぽろと剥がれ落ちるような感覚になり

気持ちが軽くなって

体から力が抜けていくのをリアルに感じられ

そうなって初めて自分の体が

ガチンガチンになっている事を自覚したのでした。

 

 

 

先日、突然の告白を受けました。

 

 

その人は30代前半の若い男性で

2人の子供達もまだまだ幼くて

奥さんと力を合わせて子育てと仕事に励み

年齢的にはごく普通の家族を持つ人です。

 

 

 

 

告白は奥さんの事でした。

2月に虫刺されのようなものができて

病院へ

 

 

今日詳しい二次検査結果が出るので

もしかしたら奥さんが

一人で帰って来れなくなるかも知れないから

付き添って病院へ行くと言うのです。

 

 

 

病名は確定しているので

敢えて伏せますが

聞いた時の私は比較的、冷静でした。

 

今後の想像できる範囲で

受け答えしていたのですが

 

時間が経つにつれ

病名が病名だけに気になって・・・

 

 

 

やっぱり突然のことに

私自身、ショックを受けたみたいです。

 

 

 

 

親しいとは必ずしも言えない私に

どうして話したんだろう?

 

 

 

 

その人自身、後から何で話したんだろうと

後悔しているかも知れない。

 

 

 

 

 

不安だったんだ、きっと、若いし

でもそれは年齢に関係なくそうなるのは当然だ。

 

 

 

 

なぜか数日自問自答している。

 

 

 

 

病気はこうやって突然やって来るってこと

身に染みました。

 

 

高齢の両親の場合はこちらの気持ちも

ある程度の覚悟はしておける。

 

 

自分の今の年齢を考えると

これも何時その時がきてもと、ほぼ覚悟ができている。

 

 

現実になって、うろたえたとしても

受け入れるのに時間はかからないと思う。

 

 

 

だけど若い時は違う

 

 

 

若いころを思い出してみても

自分よりも全て子供に向いていたし

 

 

そんな時に受け入れられる訳が無い

 

 

重い話になってしまいましたが

「無常」を感じます。

 

 

 

 

明日から4月。

 

 

 

「知識は力なり」

この言葉を今度会ったら

想いと一緒に伝えたいと思います。

 

 

 

新たなスタートと

ひとつの手段になる事を祈って・・・

 

 

 

  

スポンサーサイト
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。